category:カメラ

8月12日(土) PhotoCafeAfter特別編 夏色撮影会@上野の古代蓮 に参加させていただきました。

目が覚めると外は土砂降りの雨。
レンズもカメラも防塵防滴なE-M1にするか悩む。
(CANONの防塵防滴レンズは持ってない)
でも望遠レンズがあったほうがいい。とメールに書いてあったし、
雨雲レーダーを見てみたら開始直後に雨が上がるもよう。
思い切ってEOS80D+18-135を持ってでかけました。

読みが当たり、上野駅に着くころには雨上がり。
しずくが着いた蓮の花が見られる絶好のチャンス!

まずは撮ってみましょう

201708-IMG_4090.jpg

次は設定を変えて

201708-IMG_4097.jpg

ホワイトバランスを曇りモードにして青みを強く。

続けてもう一枚
201708-IMG_4111.jpg

ううっ 蓮の種の穴がどうしてもダメ…
こんな小さいのでもダメなので、種ができあがったでっかい穴のやつはほんとにムリだったらしく
1枚も写真を撮っておりませんでした。

気を取り直して

201708-IMG_4150.jpg

先生のマネした構図
背景にボカした蓮の花を入れて季節感を


201708-IMG_4161.jpg

背景を整理。
なるべくお花に葉っぱが重ならないように。


201708-IMG_4226.jpg

はらりと花びらが落ちたよう


201708-IMG_4239.jpg

まるんとかわいいつぼみ


201708-IMG_4267.jpg

葉っぱにかくれんぼ


撮るべきお花を見つける作業が一番難しい。
そして気に入ったコをどんなイメージで撮るか考える。

明るい写真はかわいいイメージ。
暗い写真はかっこいいイメージ。

いつも考えないから、ただ撮りましたー。みたいな写真になっちゃうんだな。


201708-IMG_4236.jpg

移動中に撮ったもの。
シルエットがお気に入り。



基本的にお花にはあまり興味がないんだけど、
蓮の花はだいぶテンション上がりました。
ひまわり同様、どうやらデカイ花が好きらしい。
そう。初めて見た蓮の花は思っていたより3倍くらい大きいものでした。

存在感アル。


ちょっと暑かったけど、雨上がりの曇り空のおかげでなんとか体力保ったまま終了。
大変刺激的な撮影会でありました。

撮影会後のスイーツ談義も楽しかった。

桐島先生、参加者のみなさま 今回も大変お世話になりありがとうございました。







蓮の花の種の穴がどうしてもダメだったのだけど、
ダメじゃない人もいるらしい。ということに驚愕。


意を決してググってみたら、トライポフォビアというものらしい。

>ぷつぷつとした小さな穴の集まりを見ると、なんだかわからないけどゾッとしたり、
>嫌悪感を持ったりと、つい体が反応してしまうことを『トライポフォビア』といいます。

>日本では「集合体恐怖症」や「斑点恐怖症(はんてんきょうふしょう)」とも呼ばれ、
>高所恐怖症や閉所恐怖症と同じく、不安障害のひとつとして認識されています。



ですって。うぬぬ

ググってしまったら恐ろしい画像のサムネイルがたくさん出てきてしまい、
息苦しくクラクラしました。
人間が進化する間に、危険と判断して不安感を持ったりするようになったのかも。
みたいな記述があったけど、怖くてもうこれ以上調べられない・・・

うううっ頭がイタイ。夜、うなされそう。
ぶつぶつが苦手な人は決してググってはいけませぬ。




【追記】
昨晩眠ろうと目を閉じたらまぶたの裏にくっきりとぶつぶつ画像が。
恐怖で眠れず、この季節に首まですっぽりお布団かぶってなんとか寝ました。
絶対にググってはいけません。




関連記事


Secret

TrackBackURL
→http://devilxnecox.blog.fc2.com/tb.php/925-2d538f63