恥ずかしながらもーたんが来てからの約2年。
床のワックスがけをサボっていました。

ツヤもなくなってきたし、キズも目立つしそろそろワックスを。なんて思ったけど、
ワックスがけの間もーたんをどこに隔離すればいいのかとか、
ワックスの成分って大丈夫なのかな?と心配になっていたら
同じく猫下僕のお友達が
AURO フロアー用ワックスを使ってるよ。
と教えてくれました。

100%天然原料で、子どもやペットのいる家でも安心なんだって。
さっそくいろいろフキフキしてみましたら、乾くのも早いし手軽でいい感じ。
これなら続けられそう。

いいもの教えてくれてありがとう!
持つべきものは猫友?



Comment:0 | TrackBack:0 | Tag:
我が家は横浜市某区のごくごくフツーの住宅街にあるマンションです。
ペットOKだけど、共有部分はリードをつけて抱きかかえること。となっています。

それに猫を飼うなら完全室内飼いと決めていたので、脱走できないよういろいろ考えています。


脱走する可能性が考えられる開口部は4つ。

1.玄関ドア
 ココは下僕たちが出入りするので、一番危険です。
 玄関ドアはガラスが入っているタイプではないので、 中の様子は全くわかりません。
 ドアの前にもーたんがいるときに、開けてしまったらアウト。

 冬の間はリビングと廊下の間のドアを閉めて、玄関ドアまで行けないようにして
 外出していたけど、暑くなったら閉め切っておくわけにはいかないなー。
 ということで、脱走防止用のドアを手作り。
 DIY経験のない下僕たちにはかなりの大事業となりました。


  どどーん。

材料は面取りされている木材を使いました。
寸法の割り出しミスで、格子のピッチが55ミリになってしまいちょっと後悔。
もーたんは頭を通すことはできるけど、今のところ無理やり通ろうとはしないようです。
小柄なコだと通れちゃうかもしれません。最低でも50ミリ以下にしたほうがよさそうです。

ココにも書いたけど、コーナークランプがあると割と簡単にできるかも。


2.リビング はき出し窓
 この窓は出入りすることはほとんどありません。
 換気のために開け閉めするだけなので40cmほど開けばOK。

 まずはいろいろ考えて、100均のネットや突っ張り棒など買ってみたんだけど
 高さ2mを突っ張り棒でガッチリ固定するのが結構難しいし
 見た目もあんまりなので早々に却下。

 あれ?ウチの会社 窓屋だけど?と思い、いろいろ相談して
 こんなもの作ってもらいました。



 これは外側のサッシのレールにはめて使います。
 一応スライドすることもできます。(使うときは固定してます)
 外側のサッシのレールにはめているので、外側のサッシは全部開かなくなるけど
 ほとんど出入りしない、洗濯物を出すだけ、とかなら大丈夫かと。
 なによりスッキリしていて、柵って感じがしないのがイイ。
 網戸って外れやすいし、ネットはゴムで押さえてあるだけで不安だし
 我ながらいいものができました。大満足です。


 ベランダ側から見たとこ。(撮影用に網戸は開けています)
 外の様子も見れるし、もーたんも大満足。



 ちなみにネットショップ作って販売も始めました。なかなか売れてます。
  エイベックエコ 猫柵ショップ
 
3.廊下側洋室 こし窓
 


 見ての通り、廊下に面した面格子付の窓です。(上と同じく撮影用に網戸を開けています)
 網戸が破れたり、開いたりしてしまったらすぐ外に出れちゃいます。
 換気のためにあけるだけなので、ココの窓は2の柵を全面に取り付けました。

 いくらこし窓とはいえ、窓の開口全部をネットで覆ったら
 存在感がありすぎちゃうかと心配したけど、全く心配なし。

 かなりがっちり止まっているので、安心して窓を開けられます。

 が、帰宅時この窓でかなりにゃーにゃー叫んでいるので目隠しが必要かも…ウルサイ


4.和室 はき出し窓

 実はココは対策がまだなのでした。
 洗濯物の出し入れをするので、出入りしたい。
 左側の窓で換気をしたい。(2、3の柵は構造上使えない)



 今のところ大丈夫だけど、網戸一枚なので大変心配。
 なんかいい方法ないでしょうか…


もう1部屋は進入禁止なので、4の和室の窓で脱走防止対策が終了しますが
これがなかなかの強敵。


結局突っ張り棒とメッシュパネルとかになっちゃうのかなぁ・・・
いいのが思いついたら更新します。


つづく…