category:みーたん
201902-IMG_2070.jpg
みーたんのさくらのおみみ かわいくって大好き。

3月22日は「さくらねこの日」
3月22日 → さくらニャンニャン の語呂合わせらしいですよ。

「さくらねこ」とは、不妊手術済みのしるしに、耳先をさくらの花びらの形にカットした猫のこと。
一代限りの命となった命を健気に生きる「さくらねこ」を、
一人でも多くの方に知ってもらうためにさくらねこの日を制定したとのこと。

a888483ed799d374ec426e7cfbe1149e.jpg


みーたんも「さくらねこ」

201607-DSC_5973-Edit.jpg
2016年7月頃 お外猫時代の みーたんと子猫たち

みーたんも子猫たちも運よくおうち猫になることができたけど、
まだまだお外にもたくさんの猫たちがいる。

さくらねこ がもっと理解されて、暖かく見守ってもらえるようになったらうれしい。





category:みーたん

2年前の今日は、みーたんが我が家にやって来た日 →

平日だったのでちゃんとお祝いできなかったけれど、焼きカツオを振舞いました。
ウチの猫ズはお刺身とかは食べないんだけど、
すごく美味しかったみたいですごい圧でぐいぐい来てました。
ササミでさえほとんど食べないもーたんもぐいぐい。
焼きカツオ 初めて買ってみたけどいいかも!




もーたん、みーたん、猫団子にはまだまだ時間がかかりそうだけれど、
このくらいの距離感になりました。

ウチに来たばかりのころはもーたんが追いかける感じだったけど、
最近はみーたんが近づいていく感じですね。


201812-IMG_1082.jpg

記念日なのでおそろいの首輪を準備しました。



分かってはいたけど…

201812-IMG_1137.jpg

まぁ 見えないですよね (苦笑)



201812-IMG_1131.jpg

じゃらしで上を向いてもらっても…  
惜しい…

201608-20160829085536.jpg
2016年8月頃

外猫時代から 約2年。
もふもふをコツコツと増やして
こんなに立派な胸毛になりました。
なんかイーブイの胸毛みたい。

あーーーーー 顔つっこみてぇ。
ハッ。
やらないですけどね。危ないので。


人間との距離感はどんな感じか?というと

201811-DSC_2003.jpg

とんでもないスローペースで縮めつつある感じ?
あいかわらず抱き上げるのは難しいけど、
近くまで来てくれるようになりました。


ツンが多いところがかわいいんだけど、
もうちょっと仲良くなれたらいいな。


みーたん。これからもよろしくね。












2018.10.31 あしあと
category:みーたん


シーツに足跡。
みーたんのです。

201708-IMG_4615_20181031022221ce9.jpg


みーたんはマットレスで爪とぎをしてしまうので、
すっぽりかぶせるボックスタイプのシーツが必須アイテム。

なのですが、肌に触れるところは厚手のガーゼがいい…
お気に入りのガーゼシーツは厚手のボックスシーツがないので、
コットンのボックスシーツの上に5重ガーゼのシーツ。
その上に猫の毛が絡まないようにキルトマットを敷いてます。

この使い方だと足跡はつかないんだけど、
シーツのお洗濯中に足跡つけててくれました。


なんか 足跡までもがかわいい!
もっといろんなとこに足跡つけてくれないかなーーーー。



ガーゼが大好きなので、寝具はガーゼで揃えてます。
シーツ、枕カバー、ガーゼケット、布団カバーは 松並木さん
パジャマは 無印良品の 脇に縫い目のない二重ガーゼパジャマを愛用しております。
ガーゼはお洗濯でどんどんとくたくたに柔らかくなるので、
使えば使うほどお気に入りに。ほんとサイコーです。




category:みーたん



みーたんは 掃除機ぜんぜん怖くない。


ちょこっと掃除用にマキタの掃除機を買いました。
軽くてスリムなので、飛び散った猫砂を吸い取るのにぴったり。

ホースをつなぐ、コードをコンセントに差し込むという動作がこんなに面倒だったとは。

ふだんのお掃除はルンバさんがやってくれるので、吸引力やバッテリーの持ちについても問題なし。
というわけで、とても便利に使っております。

そしてこちらの掃除機のほうがもーたんも怖くないもようです。
といってもツーショット写真は撮れなかったんですけれども。



ルンバさんはまだ元気なのですが、床拭きロボのバッテリーがあやしい。
部屋全体を掃除する前に 「終わりましたっ!」と大声で報告してくれるんだけど、
ぜんぜん終わってないじゃん…

バッテリー交換しないとだめですかね。










category:みーたん

201809-IMG_9040.jpg

目ヤニがついていることがとても多いのだけど、
とってあげることができないギリギリの距離感

みーたんはお外生活が長かったせいか
もーたんよりもいろいろなことを知っていて、いろいろなことを考えているように見えます。


先日、朝起きたらどちらかのウンチが部屋に転がっているというちょっとした修羅場が。
寝ぼけながらガタゴトお掃除を始め、ついでだからとみーたんの隠れ家である
人間ベッドの下にルンバを派遣しちゃったら、
いつもと違う朝にみーたんの警戒心がMAXに。

朝のカリカリは慌てて食べて吐き戻してしまわないように、
最初の数粒は手からあげているんだけど全く近づいてこない。

それなら、とお皿を台に置いて離れてみても、
カリカリをほんのちょっとしか食べないというみーたんにとっての異常事態。
大好物のゆでササミをあげてみたけど、匂いを嗅ぐだけで食べようとしないのです。

おかしい、おかしい…
もう家を出ないと仕事に間に合わないけど、
いつもと違う様子に心配になり、しばらく様子をみようと待機してたら大量リバース。
朝に食べたと思われる未消化のものと、昨晩のものと思われる消化済みのもの。

いつもと違う人間たちの行動がストレスになったのかな。
バタバタしちゃってたもんな・・・

きっとひとりでいろいろ苦労したであろうみーたんには、
もーたんのような無邪気さがなく、いつも緊張しているように見えてちょっと寂しい。


人間たちにとってはほんの些細なことがストレスになってしまうようなので、
もう少し気を付けてあげないといけないなぁ。と今更気づいたのでした。

同居生活もうすぐ2年。
なかなか距離が縮められないです。






Comment:0 | TrackBack:0 | Tag: