2018.12.23 奇数の歯
category:もーたん



久々の病院です。

キャリーを部屋の中央に置くだけで吸い込まれていくので、
もーたんを病院に連れて行くのは超カンタン。


昨晩 もーたんの顔をじっくり見ていた同居人が
「もーたん 歯が一本足りなくない?」と。


201812-IMG_1301.jpg

よく見てみたら上の犬歯と犬歯の間に小さな歯が5本。
え?5本??
明らかに隙間があるし、奇数っておかしいでしょ!!
いつの間になくなったのか…


ネットで調べると歯茎の病気ってこともある。とのことなので心配になり
朝イチで病院に連れてきました。

診察していただいたところ、歯茎に問題はなく
抜けてからだいぶ時間も経っているのでは?とのことでした。

4~5才を過ぎると、硬いものを食べたりしたときに抜けてしまうこともあるんだって。
上の歯はあまり使っていないので足りなくては特に問題ないとのこと。

とりあえずホッと一安心。

小さなもーたんと暮らし初めてもう6年半。
初めてもーたんの老いを感じた…
まだまだ幼く見えたけど シニアの入り口かぁ。

ずっとずっと一緒にいたいから、
ますます 健康管理がんばらなくちゃ!






category:病院



やっと!

朝、同居人がみーたんを抱き上げることに成功した気配で飛び起き、
寝ぼけたままお化粧をして動物病院へ。
涙でマスカラがボロボロでしたわ(笑)

201810-PA140259.jpg


前回の教訓から、今日から違う病院です。
ココは診察室が完全に隔離されていると電話で確認済み。

人に慣れていないことと、怒ると噛むかもしれない。
とお伝えして、ワクチンの接種と健康診断をお願いしました。

おわかりでしょうか。
診察台の下 写真の右下に皮手袋が写っております。
が、みーたん 基本的に抱き上げると堪忍するのかおとなしくなるので、
皮手袋は登場することなく終了しました。
瞳孔が全開ですね…

ホッ やっとワクチン接種できた… 


急いで家に戻って


201810-PA140266.jpg

次はもーたん。

まぁ、おとなしい。
最初の数年、保定用のバッグに入れられてたのがウソみたい。

看護師さんがもーたんを見て、わーカワイイ!と目をハートにしていました。
帰りに診察券を渡しながら、
「ウチの猫にすっごく似てます。小柄でしっぽがぽわぽわでまぁるいところもそっくり!
ウチのコは女の子なんですけど♪かわいいですよーーー」と(笑)

「そうなんですよ!!かわいいんです!」と親バカ全開しておきました。


もーたん : 4.5kg
みーたん : 5.2kg

おぉぅ…
オンナノコの方が体が小さいって本当ですか?
一応みーたんは体そのものが大きいし、まだ若いので太っているわけではないようだけれど、
人間でいうと30代半ば頃からは気を付けた方がいいんだって。

猫も人間も代謝が落ちる中年以降は太りやすいんですねぇ…トオイメ。


そして夜。

今日はやわらかごはんの日なのですが、
ごはんの用意をしていても みーたんが天袋から降りてきません。
やわらかごはんはあまり好きじゃないから…と、カリカリを入れてみても降りてきません…

201810-IMG_9533.jpg

久しぶりの「たら」 毛だらけです…
そしてだいぶボロボロになってますね。

みーたんを家に置いてもーたんを病院に連れて行っている間に、
朝ごはんの残りのカリカリを食べていたようだけれど、
食いしん坊のみーたんが、ごはんを食べに出てこないなんて!!!!

201810-IMG_9563.jpg

何とか降りてきてトイレに行ったのに、
カリカリには目もくれずに私のベッドの上へ。
ごはんのお皿を近くに移動してみたけれど、
一口も食べてくれません…

警戒して出てこないだけならいいんだけど、
具合悪くなっていないか不安です。
数日は細かく様子をみていようと思います。

もーたんは食欲もかわらずとても元気。
きょうはみーたんが食べなかったやわらかごはんを完食して大満足のご様子。
はぁ…

いつもは残ったカリカリは片づけてしまうんだけど、
今日は置いたまま寝ることにします。
夜中に食べに出てきてくれるといいな。



本日の診察料
初診料 : 1574円(税込) ×2
予防接種 : 4769円(税込) ×2
フェロガードプラス3(「猫ウィルス性鼻気管炎・猫カリシウイルス感染症・猫汎白血球減少症)

※ましかく写真が多いのは、昨日の名残でカメラの設定が1:1になっていたからです(笑)



category:病院



   ん?





201705-DSC_9969.jpg

お怒りの表情ですが・・・


先週行き損ねた予防接種に行ってきました。


いつもは大暴れするもーたんが、おとなしく体温測定。
注射されても声も出さず、ぴくりとも動かずあっという間に終了。

大人になったーー。



201705-IMG_9700-2.jpg

みーたんチェック。
このニオイ、なんか嫌な思い出ある…




201705-IMG_9759.jpg

このヒトからも同じニオイする・・・・


201705-IMG_9757.jpg

微妙な距離感だけど、
最近はみーちゃんからちょっかい出したり近づいたりすることが増えました。


たまに毛束が飛び散る取っ組み合いをしているんだけど、
これはじゃれてるだけなのか、ケンカしてるのか判断に悩みます。



本日の診察料(予防接種) : 4320円(税込)
フェロセルCVR(「猫カリシウイルス感染症」「猫ウイルス性鼻気管炎」
「猫汎白血球減少症」の予防に有効な混合生ワクチン)

体温 38.8℃
体重 4.3Kg

前回から15か月経ってしまった・・・


みーたんにガブリとやられた右手は、
化膿することもなく無事包帯が取れました。
たぶん本気で噛んでなかったおかげかと。

びっくりして、うっかり強めに噛んじゃっただけなんだよねー。
もちろん少しも怒れません・・・

今回ケガしたのが祝日で、どうしよう?と困っていたら、
動物病院の先生が土日祝日だけでなく、夜も20時まで診察してる病院を教えてくれました。
家から車で5分程度で、先生もなかなか良い。
災い転じて… いいこと聞いちゃいました。






category:みーたん

ここ数週間、おトイレから出てきたあとのおしり歩きが気になるので病院へ。

201704-DSC_0417.jpg

ウチに来てから2回目、4か月ぶりのお外!




まずは体重測定 4.4kg

えぇっ!! とうとうもーたんを超えたか…

先生 : 「まだ大丈夫ですけど、ここらへんが上限ですかねぇ…」

そ、そうですよね。
気を付けてはいますけど、さらに気を付けます。


さておしりまわりの診察へ。
みーたんはもふもふすぎてのおしりまわりがまったく見えないので、
まずバリカンで毛刈り。
みーたんはバリカンは大丈夫みたいです。

診察の結果どうやら肛門嚢に分泌液がたまっているとのこと。
絞りますね!と処置が始まりました。

1つはスムーズに絞り出せたけど、2つめで暴れて難航。

なんとか処置が終わったけど、シャーシャー威嚇に大暴れ。
保定を解いて診察室から脱走しそうになりました。

追いかけるワタシ。
先生に「落ち着くまで触らないで!」と言われたのに、
ガッと手を出して抑えてしまい、
久々のシャーーーー の後、ガブリ!と手を噛まれてしまいました。

床もみーたんも血だらけ。
言うこときかなくてすみません・・・

なんとか肛門嚢は絞れたので、
これでもおしり周りを気にしているようなら
おなかに虫がいるかも。とのこと。

ウンチに白いつぶつぶがついていないか、
いつもいるところやおしりに半透明の小さな粒が落ちていないか
注意して見ていてください。

症状が改善されなかった場合、病院に連れてくるのが大変だから
とそのままにしないで、相談してくださいね。
と、先生が言ってくれました。

半年くらい前ノミもいたし、虫の可能性もあるかなぁ。
あーーーーー怖いーーー。
とにかく 気を付けてみていなくちゃ。



201704-P4300232.jpg

もーたんが心配そうに見てる

201704-P4300249.jpg

開きっぱなしだった瞳孔はなんとかフツーサイズに戻ったけど、

201704-P4300255.jpg

一応、落ち着くまでケージの中でお願いします・・・・




みーたんの病院が終わったら、
もーたんの予防注射に出直すつもりだったんだけど、
先生に勧められて人間の病院に行くことに。

201704-DSC_0430.jpg

大げさ・・・

猫に噛まれた小さくて深い傷は、
消毒しにくくて化膿しちゃうことがあるらしいです。

元野良さんだけど一応家猫だし、
消毒に通って抗生物質を飲んでいればたぶん大丈夫だと思うけど、
万が一化膿しちゃったら切開することになりますから覚悟しといてねー。
と言われましたΣ(・□・;)

とりあえず痛みとかはないんだけど、水が使えないのでとても不便。
それより、なにより!!!

噛まれたのは別にいいんだけど、
たぶん嫌われちゃったのがショックすぎる・・・

せっかくちょっとだけ近づけるようになったのに(泣)



みなさんも猫に噛まれたらすぐに病院に行ってくださいね。
というゴールデンウィークの始まりの1日でした。








2016年12月21日(水) ウチに来て4日め

昨夜家に帰ったらケージの中の猫ベッドが落下していて、
片付けようとどけてみたら床に黒いツブツブが!
これは・・・あれですねー(泣)
急いで保護主さんに連絡をして、
前回のノミ取りの詳しい内容などなど聞いておきました。



さて、病院行ってくるか・・・・

201612-IMG_2550.jpg


ベッドごとケージから引っ張り出してキャリーに詰め詰め。
家に来て初めての抱っこがコレか・・・お願い。嫌わないで。

てくてく歩いて病院へ。

もーたんより断然軽い! 
もふもふで大きく見えるけど、やっぱり女の子だ。
それに、いつもにゃーにゃー叫ぶもーたんと違って、おとなしい。

と思ったら、待合室の柴犬さんにシャーっと威嚇しちゃって、
飼い主さんに「犬より猫の方が強いですよね」と笑われちゃった。

体重は3.4kg。
ノミ本体はみつからなかったけど、フンはノミで間違いないそう。
保護主さんも調べてくれていたけど、
ウンチもちょうどあったので見てもらったら、回虫以外の虫はいないとのことでした。


前回のノミとり薬から3週間しかたっていないので、
追加の薬をつけてもいいかメーカーに確認してもらって、
アドバンテージプラス 0.8mlを使うことにしました。
最近は猫のフィラリア予防も推奨されているらしいけど、
とりあえず今回はノミの駆除で。

自分でできますよね?みたいな空気だったけど、
お薬つけて嫌われたくないので、ここは先生に悪者になってもらいました。
ありがとうございます。


201612-IMG_2579-2.jpg

おつかれさまでした。

家に帰ってケージとベッドを掃除。
キャリーを開けたら一目散にケージの中に戻っていきました。
三毛ちゃん、そこしか知らないもんね。


20時
今回つけた薬は12時間でノミが死滅するらしい。
薬をつけたのが10時頃だから、そろそろ薬が効いてる?

気になってちょくちょくケージをのぞき込んでいたら、
夜中に小さな黒い虫?ハッケーーーン。
見たことあるよ・・・これも。
念のため、泣きながらGoogle画像検索。
ノミの幼虫だね・・・やっぱし。
成虫より体が大きいってなによっ!!(逆ギレ)
オススメしませんが、気になる方はググってみてください。(自己責任です(笑))


半泣きでガムテープでペトペト取りました。
けど、見たところかなり弱っていたので薬が効いていると信じたい。


Amazonでポチッた高級ノミとり櫛が明日届くので、
がんばって死骸とフンを取り除くのだ。

あぁ どうか 嫌われませんように・・・・



201612-IMG_2630.jpg

はい。
もーたんの分もあるよ。
久しぶりだねぇ・・・


つづく


本日の診察料 : 4,000円ぐらい
三毛さんの初診料
アドバンテージプラス 0.8ml 2回分